残価設定ローンでの購入、向いているのはこんな人

車の購入方法のひとつが残価設定ローンです。これは3年~5年後に下取りに出すことをベースとし、下取り時の価格を予め購入価格から差し引き、差し引いた残りの分をローンで支払っていくという方法です。
この購入方法が適している方の特徴として、安く乗り換えをしたい方です。通常の方法で購入する場合、毎月高いローンの支払いをしなければならないことがありますが、残価設定ローンの場合ですと、予め下取り価格が差し引かれている状態ですので、毎月の支払い額を抑えながら購入することが可能なのです。そして安く買えるということもあり高級車にも手が届き易くなります。実質の購入金額を抑えることができますので、手が届き難い高級車でも購入できる範囲になる可能性があります。
ローンの支払いが終わった後は予定通りに下取りに出して処分するという選択肢がありますが、その際にはまた残価設定ローンを組んで乗り換えをすることも可能です。つまり次々乗り換えをすることができますので、飽きっぽい方などにも適していると言えます。
ただし、常にローンの支払いをしている状態であり、完全に自分の所有権にできないなどのデメリットもありますので、よく考えて利用した方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿