シートベルトやチャイルドシートの必要性と有用性について

自動車に乗るときには、日本の交通法規ではシートベルトの着用が義務付けられています。これに違反すると、運転免許の点数の減点の対象になるので、注意しましょう。後部座席でも着用が義務付けられ、特に高速道路では違反の対象になるのです。点数は1点ですが、一度減点になると、しばらくゴールド免許にはなれません。いろいろなところに影響が出てきます。
また、チャイルドシートは6歳児未満の子どもに着用が義務付けられており、8か月くらいまではベビーシート、3歳以上ではジュニアシートなど、段階で変えていきます。これに違反しても減点になるのです。
安全の面から考えても、必要なものです。もしも、事故に遭ったとしたらベルトの着用がないと、投げ出されて死亡してしまうような大きな事故でも、ベルトの着用によって、命が救われるといったケースもかなりあります。チャイルドシートに関しても、動き回る可能性の高い子供たちを急ブレーキなどの危険から守るためにも必要です。固定した状態で乗車することで、子ども本人のみならず、親などの運転者も運転に集中できるようになるのです。そう考えると、とても必要であり、有用なものとして捉えることができるでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿