お得?決算月翌月は安く出回る未使用車

未使用車は走行距離もそれほどなく、しかも保存状態が新車と同じ様な状態の自動車です。そういった自動車は新車同様の価値が存在し、しかも安く手に入れることが出来れば、車の購入をお考えの人にとっても悪くありません。

実際にそういった自動車が出回る時期と言うのが存在します。それは年度末の決算翌月のシーズンとなります。

大抵、決算期といえば、どこの会社でも年度末決算を採用することが多い為、3月末となります。従って、それ以降の4~6月の時期はそういった未使用の自動車が出回る可能性が高くなります。

未使用の自動車が出回る理由としては、メーカーは年度末までにディーラーに多く自動車を販売してもらいたくノルマや一定台数販売すると販売奨励金を出したりします。つまり、メーカーも決算の数字を良くしたく沢山販売したいので、ディーラーにサービスを行なう商慣習があります。

するとディーラーもそれに貢献したり、台数を確保することは旨味もあるため、多くの自動車を決算期に購入しておくこととなります。ただ台数を確保したディーラーも決算期を過ぎると売れ残った自動車を手放すため、決算翌月には多くの未使用である自動車が発生するのです。

なお決算にはメインである3月の年度末決算と9月の中間決算、12月と6月の四半期決算のタイミングがあります。そのため、その決算翌月である4月、10月、1月、7月のタイミングは未使用の自動車を手に入れるタイミングとしても優れています。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿