未使用車を購入するメリットとデメリットとは

未使用車とは登録手続きはしているけど、走行していない車のことです。
新古車と呼ばれることもあり、新車でありながら中古車に分類されます。
車というのは登録した時点で、新車ではなくなります。
たとえ走行距離が0kmだったとしても、登録した時点から価値は下がっていくのです。

新古車のメリットは、誰も乗っていない車を安く入手できることです。
ただ、すべての車が走行0kmではなく、300kmや500kmなどとわずかに走行した車両もあります。
展示用や試乗用として使用された車も新古車という扱いになります。
新しい割に価格が抑えられており、非常に人気が高いです。

デメリットは故障のリスクが新車よりも高いことでしょう。
車は走行しなくても、放置しておくだけで劣化していきます。
経年劣化と呼ばれるもので、まったく走行せずに放置していた車は故障しやすいのです。
新古車を探すときは、必ず登録年数も確かめておきましょう。
いずれにしても、信頼できる中古車ショップで購入することが大切です。
中古車販売だけでなく、買取や修理、車検なども実施しているショップが好ましいです。
一番安全性が高いのは、ディーラーで取り扱っている車両です。
顔なじみのディーラーに、新古車が入ったら連絡をくれるように話しておくのもいいです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿