未使用車と在庫車との違いについて

未使用車というのは一度ナンバー登録をされた車のことです。ナンバー登録された時点で中古車になりますので、新車よりも安く買うことができるという良さがあります。
なぜこうした車が発生するのかと言えば、例えばディーラーが販売台数を多く見せる為に購入していたり、購入したお客さんが突然キャンセルをしてきた、お客さんの支払いが難しくキャンセルをせざるを得ないなどが理由です。
では在庫車とは違いがあるのかと言えば、全然違った意味があります。在庫車というのは、要はディーラーがストックをしている状態の車のことです。新車を購入すると納車まで長く待たされることがありますが、そういった時間を短縮する為にストックをしていることがあります。ナンバー登録もされていない状態ですので新車扱いですし、購入する側としては普通に新車を買うのと何ら変わりありません。
基本的に在庫車は売れるとの見込みでストックを掛けていますが、しかしながら時には売れ残りが発生してしまうことがあります。その場合、通常よりも値引きがされた状態で購入できることもあるのです。ですから在庫車でも構わないようなら、もしかしたらお得に購入できる可能性もあると言えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿