未使用車と新古車との違いについて

未使用車と新古車との違いはなく、基本的に同じ意味です。新古車という言い方は誤解を招きやすい言葉で、新車のような印象を与えてしまいがちですが、クルマは一度新車登録されたら中古車扱いとなります。そのことがわかりやすいのは、車検までの時期が3年ではなく、それより短くなっていることです。具体的には新車登録された時期からカウントされて3年になります。また走行距離に関しても、新車とは違い、わずかであってもあります。したがって、限りなく新車に近い中古車ということです。

新古車よりも、未使用という言葉を使うほうが使ったほうがより正確かもしれません。ただ、未使用であっても中古車であることには違いはありません。その点は誤解のないようにしなければなりません。それを正しく理解した上で新古車を見たとき、それでもなお大きな魅力があります。中古車ではあっても、その中身は新車とほとんど変わりません。それでいながら多くの場合は新車より安く購入できます。また、重量税や自賠責も支払済みなので必要ありません。グレードやカラー、メーカーオプションなどを選ぶことができないというデメリットもありますが、欲しいと思っていたクルマの新古車を見つけたならばおすすめです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿