空走距離・制動距離・停止距離とは

自動車はブレーキをかけて停止することが多々ありますが、その停止にかかる距離を停止距離といいます。また、この距離は空走距離と制動距離を足したものであり、それぞれ次のような意味と特徴があります。
空走距離とは、ブレーキをかけなければならないと思ってから実際にブレーキがきき始めるまでに走行する距離のことです。人間はブレーキを必要だと思ってから足を動かし始めるまでに時間がかかりますし、アクセルからブレーキに足を踏みかえる時間中も車は走行します。この距離を縮めるには漠然と運転しないことや危険予知が効果的です。
制動距離とはブレーキがききはじめてから停止するまでに走行する距離のことです。慣性の法則によって物体の運動は一瞬で止まることができません。車も同様にある程度ブレーキがきいてから停止します。この距離を縮めるにはすり減ったり劣化したタイヤを使用しないことやタイヤロックするほど強くブレーキを踏まないことが効果的です。後者についてはABS機能があると自動で最大効果のブレーキをかけられるようになっています。
また、スピードを抑えて走行することで空走距離と制動距離の両方を縮めることができます。スピードの出しすぎには注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿