車に働く自然の力と運転について

車にはまず、摩擦の力が加わることによって、動かすことができます。路面とタイヤが摩擦により動かすことができます。動き出したら、慣性の法則により、他の力が加わらないとすぐに停まることができません。そのため、ブレーキをかけると、路面とタイヤの摩擦の抵抗により停めることができます。
濡れたアスファルトでは摩擦が小さくなってしまうので、制動距離が長くなり、急ブレーキをかけると車輪がロックしてしまい、路上を滑ってしまいます。雨などのときは車間距離を十分に開ける必要があります。
次にカーブを曲がろうとするときには、遠心力により、カーブの外側に滑り出そうとするため、荷物の重心が偏ったりすると倒れやすくなります。速度の2乗に比例して大きくなるため、カーブを曲がるときには十分スピードを落とすことが大切です。
車が衝突したときの衝撃の強さは、速度と重力に応じて大きくなります。早く衝突すればそれだけそれだけ大きな衝撃を受けるため、スピードが出ているときには注意する必要があります。
速度によって、制動距離や遠心力、衝撃などの影響は大きくなるので、スピードを出せば出すほど、運転が難しくなり、事故に遭う確率も高くなります。a0001_000062 a0001_000584

コメントは受け付けていません。

最近の投稿