交通事故の特徴的な事故実態について

花瓶01
交通事故の実態は悲惨なものです。車同士の正面衝突により、同乗者を含めて全員が即死であったり、車が原型を留めない形に変形していたりと、道やガードレールの傷跡を見るだけでもその事故の悲惨さが伝わってきます。そんな事故の実態としては、原因が一瞬の油断や傲慢によるものである事がほとんどです。車に乗っている時に一瞬目を離すと、その間にどれぐらいの距離を車が進む事になるのかというと、時速40kmで走行していても1秒間目を離していると約6m移動する事になります。6m進むまでの間はその車に意志が無いという事になるので、そこに車が突っ込んできたとしてもそれを回避する事は出来ません。交差点の手前で1秒間目を離していて、急に人が飛び出してくれば確実にぶつかってしまうことになります。この様な事が無い様に、一瞬たりとも脇見運転はしてはいけません。また、譲り合うという意識がかけている人同士の事故が絶えません。割り込みをしてきた車を入らせないようにわざとスピードを上げて車間距離を詰めます。そして、前方の車が急ブレーキを踏んで衝突してしまう事があります。また、それでも無理やり割り込もうとして結局ぶつかってしまうこともあります。
花瓶02

コメントは受け付けていません。

最近の投稿