交通事故の発生傾向のポイントについて

小物02
交通事故は油断した時に起こるだけではなく、発生しやすい場所で多く事故が起きています。これは、運転手の油断と事故が起こりやすい場所が一致した時に起こるものであるので、事故が起こりやすい傾向にあるポイントを運転手は知っておかなければなりません。これを知っておく事によって、危険な道路や交差点がわかるようになるので注意して運転する様になります。事故が起こりやすいポイントに共通する事としては、見通しが悪いという事が挙げられます。例えば緩やかなカーブが続いていて、そのカーブが終わった瞬間に交差点がある場合です。こういった見通しが悪い所にはカーブミラーが設置されており、車が来るかどうかを知る事が出来ます。しかし、その道に慣れていない場合にはカーブミラーを見落としてしまう事があります。緩やかなカーブが続いていても油断しない様にする事が大切です。また、点滅信号での交通となっている交差点にも注意が必要です。お互いに譲り合う様に通行しなければなりません。こういった交差点は田舎道で多く見られます。これは車の交通量が少ない為に点滅信号になっています。運転手としては車は少ないから来ないだろうと思ってスピードを出してそのまま通過して事故に繋がります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿