交通公害の防止の基本

交通公害というのは交通機関が原因で住民の生活環境及び健康などに悪影響を与えてしまうことですが、車社会の現代ですので交通公害を防止する為には一人一人のドライバーがモラルやマナーをしっかりと持つことが大切です。
ドライバーが実践した方が良いこととしては、基本的には安全に走ることが大切です。例えば不必要に急発進や急加速をするのは排出ガスを出易くさせてしまいますし、改造車だったりすると騒音の原因にもなってしまいます。当然安全性の面でもリスクがあることですので、他人に迷惑を掛けない為にも安全を考えて走ることが大事と言えます。
余計なアイドリングをしないことも交通公害を防止する為にも意識したいことです。アイドリング中も排気ガスが出てしまいますし、深夜だったりするとエンジンの音も響いてしまい、音によって近隣住民に迷惑が掛かってしまうこともあります。無用なアイドリングは燃費を悪くして自分自身の損にもなってしまいますので、例えばコンビニなどの駐車場に停める際にもエンジンを切ってから店内に入るなどした方が良いでしょう。
日常のちょっとしたことに気を配るドライバーが増えることで環境も良くなり、より快適な生活を実現できるはずです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿