交差点での出会い頭による事故の危険性

車と車、人と人、もしくは車と人や車と自転車などそれぞれの組み合わせがあるとしても、何かしらの事故は必ずどこかで起こっているものです。前方不注意や脇見運転などをそれぞれ原因があるのですがその中でも1番起こりやすいところがどこかといえば交差点での出会い頭なのです。
お互いが気をつけて前方をきちんと注意して、危険回避するだけの準備をしておけば、絶対に起こらないことであっても、なぜか出会い頭で事故を起こすことがあとが立たないのです。
警察官がいくらその場所に立っていたり注意をしてみたりもしくは違反切符を切るなど、いろいろ対策を立ててみてもなかなか成果が出てこないほどその場所で何かしらのトラブルが起こるものです。無理な運転や無茶な運転もさることながら、早く行きたいという焦りからお互いに気付いたときにはぶつかっていたということが多いようです。ですのでここでの運転には本当に注意して行わなければならないということになります。
またここでの危険性は他のところと比べても群を抜いていて高いのです。注意してもしすぎることがないぐらい気をつけて安全運転を心がけるべきで、自分が運転に気をつけるだけでなく、無茶な運転する車もいるものだと思い慎重にその場所では対処するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿