高齢者と子供に多い事故ってなに?

自動車などの乗り物がある限り、事故というのは無くなることはまずないでしょう。運転している人の単独で起こすものもありますが、たいていはほかの人を巻き込んだものになります。
特に、気を付けなければならないのが、高齢者や子どもが関わるものです。ともに判断力の乏しく、運転者側などが注意しなければならないものが多いのです。
高齢者の場合には、行動が遅かったり、通常の動きができないことがあります。例えば、自転車に乗っていたりしたときに、少しよたついたりして転んだ瞬間に、自動車がきてひかれてしまうこともあります。運転者は、そういった人を事前に見つけたら、十分に注意しながら徐行しなければならないのです。歩行していても同様です。
子どもの場合には、特に小さい時期でわからずに動き回るような年齢では要注意です。親の車に小さい子がはねられることもよくあります。自宅や出先に到着したら、まず子供のことを気遣い、外で一人にさせないことです。また、車が近くを通っていたら、必ず手をつないだり、抱っこをしてそばから離れないように気をつけましょう。
こういったケースは、運転者やまわりの大人が気をつけることで防げることが多いのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿