気をつけよう!急発進や不必要なアイドリングはNG

燃費の良い運転の為にも止めた方が良いと言える行動があります。基本は急発進や急加速をしないことです。発進する際に強くアクセルを踏んでしまったり、走行中に無用にアクセルを踏んでスピードを出すようなドライバーもいるようですが、このような行為はガソリンの消費を早めてしまう原因になります。さらにはスピードを無用に出すことによって事故のリスクも高まってしまいますので、不必要にスピードを出すようなことは控えるようにしましょう。
燃費を悪くする要因として急ブレ-キも挙げられます。通常はエンジンブレーキによって徐々にスピードを落としていきますが、エンジンブレーキ中は燃料の諸費をカットしますので緩やかに止まることによって省エネになります。しかし急ブレーキをすればエンジンブレーキの時間も短くなりますので、余計なガソリンを消費してしまうことにもなるのです。
続いて注意したいのが空ぶかしです。マフラーやエンジンの音を聞く為にやってしまいがちな行為ですが、空ぶかしもガソリンを大きく消費する原因になるのです。
余計なアイドリングもやめた方が良いでしょう。エンジンが動けばガソリンを消費してしまいますので、例えばコンビニなどに入る際には必ずエンジンを切るなどした方が良いと言えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿