近年大注目の低公害車について

a0015_000012 近年になって注目されているのが低公害車です。低公害車にはシステムによって、ハイブリッド・プラグインハイブリッド・EV・燃料電池・クリーンディーゼル・天然ガス・メタノールなどがあります。ハイブリッドは電気とガソリンの2つの燃料を使用しており、近年では見かけることも多くなりました。ハイブリッドは燃費も良くて環境に優しいのが特徴です。プラグインハイブリッドはハイブリッドの電池容量を大きくしたものです。家庭用電源から充電することができ、電気が切れてもガソリンだけで走行できるのが特徴です。EVは電気だけで走行するシステムです。ガソリンを全く使わずに走るので環境に優しく、大型の内燃機関がないので内部空間を広く使えるのが特徴です。燃料電池は水素を使って走行するシステムです。化学反応で電気を生み出すので騒音が少なく排出されるのも水だけです。水素を供給する設備の普及が今後の課題となっています。クリーンディーゼルは大気汚染の原因物質を軽減させたシステムで、軽油を使うので経済的なのがメリットです。天然ガスはメタンを使用するので排気ガスがクリーンなのが特徴です。メタノールは燃料費が安いのですが燃費が良くありません。a0002_004326

コメントは受け付けていません。

最近の投稿