携帯電話等の脇見運転の危険性

自動車運転中の携帯電話の使用が罰則化されて久しいですが、今なお運転中の携帯使用による事故は後を絶ちません。従来のガラケーと言われる携帯よりも、現在主流のスマートフォンの方がその危険性は何倍にもなるとも言われておりますが、そうした事故が後を絶たないのは、運転者の意識があまりにも希薄であるからと申せましょう。ガラケーでも画面を見ながらメールを打ったり、電話をしながらでは注意力が散漫になり事故の確率が上がると言われていましたが、スマートフォンはガラケーと比較しても、遙かに画面を見入っている時間も長くなり、当然脇見運転や前方を全く確認していない、などの状況に陥りやすくなります。自動車は大変便利なものですが、実際は大型車ならば、何tにもなるものを時速40km/h以上で動かしていることです。それだけの重量のものがそれだけの速度で人や自転車などに当たったとしたら、大変な衝撃です。自動車を運転するということは免許をもらって法律に則って動かすことを認められている、ということですので、運転者がその自覚をしっかりともっていなければならないのではないでしょうか。歩きスマホが問題になっていますが、それ以上に運転しながらのスマホというものは自ら脇見運転を選択していると思うことが大切なのではないでしょうか。自動車運転中の一瞬の気のゆるみは大変な事故に簡単につながるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿