保険料と補償範囲の基礎知識

運転免許を取得したら、早速、車を購入しようと考えている人は多いと思います。ただ、自動車保険の加入まで意識している人は少ないのではないでしょうか。とはいえ、車を運転する以上、自動車保険の基本くらいは、知っておく必要があるでしょう。
さて、保険というものは、年齢によって保険料が変化するものです。例えば、生命保険の場合、年齢が高くなるに連れて、上昇していきます。一方、自動車保険の場合、年齢が高くなるに連れて、低下していく仕組みとなっています。つまり、若年者の方が、支払う金額が高く設定されているのです。実は、これには過去の事故率のデータが影響しています。つまり、免許取り立ての未熟なドライバーや無謀な運転をする若者による事故が多く発生していることが、若年層の事故率を引き上げている可能性が考えられます。
このほか、自動車保険には、年齢制限を設けている種類もあります。つまり、補償範囲が定められているのです。この補償範囲から外れた年齢の人が、故を起こしてしまった場合、補償されない可能性があるのです。例えば、息子が免許を取得し、自宅の車を共有するようになったなどという場合には、事前に加入している自動車保険の補償範囲を再確認しておく必要があるでしょう。家族04 子供01

コメントは受け付けていません。

最近の投稿