排出ガスは何が有害?

自動車の排気ガスの多くは二酸化炭素と水蒸気です。二酸化炭素は地球温暖化の原因と言われ、排出量の削減が世界的に求められています。また二酸化炭素以外にも微量ですが、複数の有害な物質が含まれています。二酸化炭素以外に排出ガスに含まれるものとして、一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物、粒子状物質、硫黄酸化物などがあります。

一酸化炭素は、有機化合物が酸化されることによって発生する有害物質で、ガソリンを燃焼する際に燃焼に必要な酸素が供給不十分となって不完全燃焼を起こすと発生します。炭化水素はガソリンが揮発したり、燃焼が不完全でそのまま排出されると発生します。紫外線によって光化学オキシダントに変化し、呼吸器のトラブルの原因となります。

窒素酸化物は、排出ガスの3割を占めていますが、燃焼室で窒素が酸化して発生します。窒素酸化物には酸素の結合量によって複数の種類があり、酸素の数をxで表しNOxと表記します。粒子状物質は粒径10μm以下の浮遊粒子状物質です。そして、硫黄酸化物は精製が不十分な石油の場合、硫黄が含まれており、その酸化物の総称で、主に二酸化硫黄や三酸化硫黄を指します。このように自動車の排出ガスには様々な有害物質が含まれているので、近年はエコカーに注目が集まっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿