ディーラーローンの審査基準の内容

ディーラーローンは信販会社と提携しており、銀行などのマイカーローンに比べて金利が高く、返済期間が短い特徴があります。もちろん完済して初めて車の所有権を得ることができ、完済するまでは所有権は販売店にあります。高額な車という買い物には、ローンでしか購入できないかたも多いはずです。
ローンが通れば車を手にすることができる段階まできたら基準に見合った自分であることを願うだけです。ディーラーも売りたくてもここで却下されたら売ることができません。
通るか否かの基準は、まず年齢が20歳未満は原則不可です。ただし連帯保証人がつけられるなら可能な場合もあります。
逆に一線を退く年齢でもある65歳から70歳以上の年齢に完済時なる場合も条件付きで可の場合もありますが、原則不可です。雇用形態も見られます正社員>契約社員>派遣社員>パート・アルバイトと左に行く方が信用度が高く有利と言えます。当然収入も多ければ有利ですが、年収200万円以下は通過が厳しくなります。務めてる年数も長いほど有利で勤めてから1年未満は不利になります。同じく居住年数も長く持ち家であれば更に有利になります。申し込むディーラーローンを含め他の借入れがある場合この合計が年収の三分の一を超える場合は厳しくなります。携帯料金の延滞など一見関係ないともとれるこの行為もマイナス要素につながるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿