ディーラーローンの利点と欠点

ディーラーで自動車を購入する際にディーラーローンを組む人は数多くいますが、このローンにはどのようなメリットおよびデメリットがあるのでしょうか。
ディーラーローンの最大のメリットは、ローンを組むことができれば、現金の持ち合わせが無くても製品を手に入れることができる点です。新型のものを現金で手に入れようとすると、比較的安いものであっても百数十万円は用意しなければなりませんが、ローンを組むと分割払いにすることができるので、金銭面の負担が大きく軽減されます。ディーラーローンのメリットにはこの他にも、ローンの審査は提携先の信販会社で行われるため、銀行のローンより審査結果がわかるのがはやく、なおかつ通りやすい点や、購入先の販売店の担当者が申し込みを代行してくれるため手続きが楽な点などが挙げられます。
一方、ディーラーローンのデメリットとしては、銀行のマイカーローンと比較すると金利が高めであることや、ローンを完済するまでは所有権が信販会社かディーラーにあり、返済が滞ると使用できなくなってしまうおそれがあること、購入を決めてからでないと申し込みができないことなどが挙げられます。購入する際に、ディーラーローンを利用するか、銀行のマイカーローンを利用するかは、ローン商品のメリットとデメリットをよく理解してから決める必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿