コモンレールディーゼルの普及状況

ディーゼルエンジンは、拡散燃焼を主体としてしているため、黒煙、PMやNOxなどの人体にも有害物質を排出するデメリットを持っています。そのため、そういった有害物質を取り除く装置を取り付けなければならないことで、高コスト化になります。

ディーゼルエンジンは、ガソリンよりも燃費が良いもののそのシステムが高コスト化、環境汚染の懸念、排ガス規制の強化などの影響があり、ディーゼル車の普及が減少している傾向が見られます。特に人体にとっては、ディーゼルの排ガスを吸った場合、肺がんになるリスクが喫煙よりも7倍と発生リスクも高まることが各種の調査結果でも指摘されています。

しかも場合によっては、膀胱ガンを引き起こす可能性もあります。そのため、各国、特に先進国では、そのディーゼルに対する排ガス規制の強化を打ち出しており、世界規模での規制の取り組みも行なわれています。

ただ一時は下火になったディーゼルエンジンですが、コモンディーゼルエンジンが開発され、しかも電磁ポンプによる燃料を供給できる仕組みとなったことで、従来の有害物質を排出するガスを大幅に抑制することも可能となりました。そのため、排ガス規制もクリアできるほど改善されたことで、徐々に見直され今後、イニシャルコストが改善すれば普及する可能性もあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿