クリーンディーゼル車について

クリーンディーゼル車は、排出ガスに含まれる有毒成分で、ポスト新長期規制が設けている粒子状物質のPMや窒素酸化物のNOxの規制基準値を超えない排出量をクリアしているディーゼル車の事です。もともと、旧来のガソリン車と比べて燃費が良く、CO2排出量が少ない事でディーゼル車は優れていましたが、燃料噴射システムのコモンレールシステムが採用される事で更に排気ガスや騒音などが改善されました。より電子制御化を進め、燃料噴射を高圧処理する為、性能面では従来のディーゼルよりも加速度が向上し、一層力強く、走行中も静かさが実感出来るレベルになっています。また、黒煙除去フィルターを採用する事で排ガスも改善されています。クリーンディーゼル車の良さは、燃費がガソリン車と比べて3割アップしていますし、燃料が軽油なので走行コストが安くて済みます。走行中の印象としては軽くアクセルを踏めば加速が力強く、車間距離が保ちやすい加速の穏やかさは、ドライバーにとってストレスの軽減となります。長距離ドライバーがクリーンディーゼル車を支持する理由の1つです。また、自動車取得税や重量税の免税、クリーンディーゼル車導入費補助金などの優遇措置も用意されています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿