‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

購入するために

2016/05/16

自動車を購入する為には、カーディーラーなどで手続きを行なってもらう必要があります。売却する側としてもやはり色々と手続きを行なう流れで引渡しをする為の準備として、装備を色々としたり操作性能をチェックしながら引き渡す事となります。
そう言った手続きを行なう流れでしっかりと不備の無い状況で対応していく事もカーディーラーの仕事であり、中古ショップでの販売に関しても、同じく手続きは必要となります。取り扱われるものがどうしても高額なものであり、支払なども振込みを行なったりと金額をそのまま現金で渡すケースもあります。まずはこうした対応に関しても、やはり販売する側や購入する側の状況もしっかりと引き渡す為の状況を作る必要があり、そこに対して色々と考えていく事が重要となります。まずはこうした購入の状況などを踏まえていけば、やはり売却する流れでしっかりとした対応をとる事が重要であり、まずは状況的に見ても色々なシーンで感じる事としても、やはり考え方を持ちながら考えていく必要があります。まずはこうした取引に関する状況なども踏まえて購入していく流れでも手続きをスムーズに行ないながら運転出来る状況としていく事となります。

安全性とは

2016/05/16

自動車の安全性については以前と現在ではその考え方が大きく違ってきました。
その昔には、運転する人が気を付けることが安全のほとんどすべてを占めていましたが、人間の力だけではカバーできない安全が時代とともに見直されました。

最初の大きな転換点は「シートベルト着用の義務化」でした。それまではクルマの飾り物であったシートベルトを義務化することによって、事故の場合のダメージを抑えるようになりました。またブレーキの性能も向上し「ABS」と言われる技術開発が進みました。
その後もクルマ本体の改良が進み「エアバッグ」が搭載されるようになりました。また衝突した際の衝撃を和らげるボディー作りや、バックするときに後ろが見える「バックカメラ」が搭載されるようになりました。

最新のものでは、障害物などの危険を感知したときに自動で止まる「自動ブレーキ機能」までも開発されていて、遠い夢だった「自動運転」のクルマも研究が進んでいます。
その他ではフロントにもカメラが搭載されるようになって、その映像を使って安全運転の講習が行われるようにもなっています。

このようにヒューマンエラーを機器が守るシステムが大きな進歩を遂げていますが、基本に立ち返り、人間自らが安全に気を付けることの重要性は、今も昔も変わってはいません。

特徴と問題点について

2016/05/16

天然ガス自動車は、天然ガスを気体のまま燃料タンクに貯蔵し、燃料として使用しています。天然ガスのみを燃料としているタイプのほか、燃料にガソリンも使用できるバイフューエルや、天然ガスに軽油を混合した燃料を使用するデュアルフューエル、電気モーターと組み合わせたハイブリッドタイプも存在します。
環境汚染や酸性雨の原因とされる窒素酸化物や粒子状物質など、問題とされる公害物質の排出量が少ないことや、他の燃料に比べ供給価格が比較的安いことが特徴です。
特に地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量は、ガソリンに比べ2割低減されるなど、環境に対する貢献度の高さが魅力となっています。また、北米ではシェールガスの生産拡大が進行しているため、相対的に天然ガスの価格が下がるなど、将来的な安定供給も見込まれています。
しかし、問題点も抱えています。天然ガスを貯蔵するタンクには高圧タンクが必要となるためコスト高となり、価格が高くなってしまいます。一般的な使用で購入価格をペイするには長期間の使用が必要となり、定期的に買い換えたいマイカー購入層にとってあまり現実的とは言えません。
ガソリンスタンドが全国で3万箇所を超える一方、ガススタンドは1000から2000と言われ、補給場所の少なさもデメリットとなっています。

天然ガス自動車の仕組みとは

2016/05/16

天然ガス自動車は、燃料供給系統を除けば、その基本的な仕組みというのは、従来からあるようなガソリン自動車やディーゼル自動車とそれほど変わらないものということがいえます。
圧縮天然ガス自動車、いわゆる「CNG自動車」の場合であれば、燃料である天然ガスは、ガス充てん口から取り込まれ、ガソリンタンクのかわりとして、自動車に積載されている高圧ガス容器に充てんされます。
このときに、天然ガスは20MPaという高圧に圧縮されますので、高圧ガス容器が用いられているわけです。
燃料を実際に自動車の走行のために利用するときには、高圧ガス容器から燃料配管を通って減圧弁に至り、ここで減圧されたのちに、エンジンに供給されるというかたちになっています。
圧縮天然ガス自動車を示すCNG自動車のほかにも、天然ガスを燃料として用いているものには、液化天然ガス自動車、いわゆるLNG自動車や、吸着天然ガス自動車、いわゆるANG自動車といったものがあり、それぞれ天然ガスの貯蔵方式が異なっています。
これらの自動車は、地球温暖化の元凶とされている二酸化炭素の排出量を、ガソリン自動車よりも2割から3割程度は低減できるというメリットがあります。

コモンレールディーゼルの普及状況

2016/05/16

ディーゼルエンジンは、拡散燃焼を主体としてしているため、黒煙、PMやNOxなどの人体にも有害物質を排出するデメリットを持っています。そのため、そういった有害物質を取り除く装置を取り付けなければならないことで、高コスト化になります。

ディーゼルエンジンは、ガソリンよりも燃費が良いもののそのシステムが高コスト化、環境汚染の懸念、排ガス規制の強化などの影響があり、ディーゼル車の普及が減少している傾向が見られます。特に人体にとっては、ディーゼルの排ガスを吸った場合、肺がんになるリスクが喫煙よりも7倍と発生リスクも高まることが各種の調査結果でも指摘されています。

しかも場合によっては、膀胱ガンを引き起こす可能性もあります。そのため、各国、特に先進国では、そのディーゼルに対する排ガス規制の強化を打ち出しており、世界規模での規制の取り組みも行なわれています。

ただ一時は下火になったディーゼルエンジンですが、コモンディーゼルエンジンが開発され、しかも電磁ポンプによる燃料を供給できる仕組みとなったことで、従来の有害物質を排出するガスを大幅に抑制することも可能となりました。そのため、排ガス規制もクリアできるほど改善されたことで、徐々に見直され今後、イニシャルコストが改善すれば普及する可能性もあります。

コモンレールディーゼルについて

2016/05/16

コモンレールディーゼルは、排ガス規制強化に伴い開発されたディーゼルエンジンの一つです。コモンレールとは共通の燃料を通すパイプのことを意味し、従来はポンプから直接、気筒に燃料を分配している形式を採用していましたが、その共通のパイプに一度、高圧の燃料を蓄えて後に各気筒に分配される仕組みとなります。

つまり共通パイプには高圧燃料を一度、蓄積するため、頑丈に出来たパイプを採用しています。また従来の様に燃料の噴射に関しては、機械式の噴射ポンプを使用せず、電磁式のサプライポンプを利用している特徴があります。

機械式の噴射ポンプでは、その内部部品の磨耗を防ぐため、軽油に硫黄分を含ませることが必要だったのですが、排ガス規制の強化によりそれを含ませることが出来なくなった経緯があります。そのため、電磁式サプライポンプを採用されていることが多くなっています。

そして、電子制御されたインジェクター部から燃料室に吹き込まれ、燃料の量やタイミングなどを制御することで完全燃焼に近い形で燃料を燃やすことが可能となります。燃料を完全燃焼に近い形にすれば、不完全燃焼の排気ガスを抑制することにも繋がり、それによって煤の発生もなく、環境汚染を引き起こす可能性も少なくなります。

日本国内においても排ガス規制の強化の影響もあり、コモンディーゼルを採用したエンジンを搭載した自動車が主流になりつつあります。

クリーンディーゼル車の問題点について

2016/05/16

フォルクスワーゲン社が製造販売しているクリーンディーゼル車の不正によって、問題点が浮き彫りになった感があります。それは排ガスをクリーンにするため高性能な黒煙除去フィルターが装着されています。ただ排ガスをクリーンにするのとは引き換えに、パワーダウンの原因となってしまいます。フォルクスワーゲン社ではこのパワーダウンを防ぎたいために不正に手を染めてしまったわけです。

しかし、この点に関しては、ターボ化することで改善させることが可能です。確かにクリーンディーゼルはターボであっても、高回転型のハイパワーガソリンエンジンのような高回転まで一気に回るようなエンジンではありませんが、実用域の低回転で最大トルクを発揮するので、普通のドライバーであれば相当力強いエンジンだと感じることでしょう。

もう一つ問題点を挙げると、クリーンディーゼル車は同クラスのガソリンエンジン車と比べると価格が高くなってしまうことです。走行距離が長くなれば燃料代の安さや燃費の良さなどで元を取ることができるかもしれませんが、クリーンディーゼル車の良さを良く知らない人は、車両価格が安いガソリンエンジン車の方に目が行ってしまうことでしょう。

クリーンディーゼル車のメリットについて

2016/05/16

自動車のエンジンには供給する燃料のシステムがあり、その中には軽油を使ったディーゼル車が存在しています。かつては多くの車種に設定されていた背景がありますが、現在では排気ガスに関する規制が以前よりも厳しくなったことを受けて、新しい開発がすすめられることになりました。そこで登場したものがクリーンディーゼルと呼ばれている車種です。このタイプの場合ではくつかのメリットを感じることになり、これまで無かったような使い勝手の良い車種として注目されています。メリットの中にはトルクを挙げることができます。ガソリン車の約2倍とも言われており、快適な走行を実現しています。また、軽油を利用していることからガソリン車と比較をした場合では燃料代を安く済ませることができ、結果的に維持費用を軽減することもできます。エンジンが比較的長持ちできることもクリーンディーゼル車の特徴でもありメリットでもあります。現在発表されているクリーンディーゼル車の場合ではエンジン音なども比較的静かなタイプが一般的になります。何より二酸化炭素を排出量が少ないこともあり、地球環境に優しい自動車としておすすめです。振動や黒煙などを発生させない新しい自動車として人気を得ています。

クリーンディーゼル車について

2016/05/16

クリーンディーゼル車は、排出ガスに含まれる有毒成分で、ポスト新長期規制が設けている粒子状物質のPMや窒素酸化物のNOxの規制基準値を超えない排出量をクリアしているディーゼル車の事です。もともと、旧来のガソリン車と比べて燃費が良く、CO2排出量が少ない事でディーゼル車は優れていましたが、燃料噴射システムのコモンレールシステムが採用される事で更に排気ガスや騒音などが改善されました。より電子制御化を進め、燃料噴射を高圧処理する為、性能面では従来のディーゼルよりも加速度が向上し、一層力強く、走行中も静かさが実感出来るレベルになっています。また、黒煙除去フィルターを採用する事で排ガスも改善されています。クリーンディーゼル車の良さは、燃費がガソリン車と比べて3割アップしていますし、燃料が軽油なので走行コストが安くて済みます。走行中の印象としては軽くアクセルを踏めば加速が力強く、車間距離が保ちやすい加速の穏やかさは、ドライバーにとってストレスの軽減となります。長距離ドライバーがクリーンディーゼル車を支持する理由の1つです。また、自動車取得税や重量税の免税、クリーンディーゼル車導入費補助金などの優遇措置も用意されています。

近年大注目の低公害車について

2016/05/16

a0015_000012 近年になって注目されているのが低公害車です。低公害車にはシステムによって、ハイブリッド・プラグインハイブリッド・EV・燃料電池・クリーンディーゼル・天然ガス・メタノールなどがあります。ハイブリッドは電気とガソリンの2つの燃料を使用しており、近年では見かけることも多くなりました。ハイブリッドは燃費も良くて環境に優しいのが特徴です。プラグインハイブリッドはハイブリッドの電池容量を大きくしたものです。家庭用電源から充電することができ、電気が切れてもガソリンだけで走行できるのが特徴です。EVは電気だけで走行するシステムです。ガソリンを全く使わずに走るので環境に優しく、大型の内燃機関がないので内部空間を広く使えるのが特徴です。燃料電池は水素を使って走行するシステムです。化学反応で電気を生み出すので騒音が少なく排出されるのも水だけです。水素を供給する設備の普及が今後の課題となっています。クリーンディーゼルは大気汚染の原因物質を軽減させたシステムで、軽油を使うので経済的なのがメリットです。天然ガスはメタンを使用するので排気ガスがクリーンなのが特徴です。メタノールは燃料費が安いのですが燃費が良くありません。a0002_004326

最近の投稿